個人再生法とは?

MENU

個人再生法とは?

銀行などの金融機関や消費者金融から借り入れていたクレジットカードやカードローンなどの借金は、借りたものは返済するのが当然です。ただ、その返済がどうしても出来なくなる場合があります。そんなときに、その借金を法的に整理することができる制度があるのです。
この方法にはその借金の理由やその借りた人の就労状況などにより、取れる手段が変わってきます。有名なのは自己破産ですが、浪費などの借金の理由では選ぶことができない他に、弁護士や警備業などに一定期間就くことができないといったデメリットが存在します。
自己破産ができない場合でもその他の方法を選ぶことができるときもあります。それが個人再生です。この個人再生とは、借金の総額を5分の1までいったん減額し、その減額した5分の1を3年間にわたって返済することで、残りの債務を免責つまり返済しなくてもいいという制度です。なお、この個人再生で返済をしている間の利息はありません。最初に個人再生の再生計画の認定を裁判所でしてもらいますが、その認可が下りた後には利息を勝手に増やすことはできないこととなっています。
なお、この個人再生とは自己破産ではないので、破産者名簿に掲載されることはありません。したがって就労に条件が付けられることはありませんが、官報には掲載がなされてしまうのと、信用情報会社にその名前が5年間程度は掲載がされますので、新たな借り入れは原則として出来なくなります。