個人再生手続きとその後の生活について【ポイントまとめ】

MENU

個人再生をしたその後の生活

個人再生とは債務整理の一種ですが、要するにこれは借金を返済できない場合に債務整理を行う一つの方法として利用されます。任意整理など、ほかの方法では都合よく借金を整理することができない場合に活用されることが多い方法でもあります。個人再生をしますと、今までなら自分では借金を返済していくことが厳しい状況でも、これをやることによって返済計画を立て直すことができるので、しっかりと完済を目指せるようになります。個人再生をしたその後はどのような生活となるのか、これは基本的に債務整理をする前と同じであり、毎日仕事を頑張って収入から借金を返済していくことになります。個人再生をすることで、人によってどのくらい借金が減って、どのような返済計画とすることができるのかは結構個人差があります。どんな結果になるとしても、今までよりは返済をしやすい状況になるので、個人再生のその後の人生は割と気軽、身軽になることは間違いありません。その後の人生において一つだけ注意をしておきたいことは再び借金を作ってしまうことです。基本的に個人再生をすると金融会社から融資を受けることが難しくなるので、そうそう簡単に借金を作ることはできません。しかし、それでもいろんな金融会社があるので借りようと思えば借りれないこともないのが現状であり、こうして再び借金を作ってしまうとその後の生活は本当に大変となることがあるので、この点だけはしっかりと注意をしておきましょう。

個人再生手続きとその後の生活について【ポイントまとめ】記事一覧

携帯電話については以下の3点に注意が必要です。①個人再生後は分割払いの利用はできない②購入の際は、現金一括払いのみとなる③他携帯会社での未納分がある場合、契約は不可個人再生は大幅に借金が減額されますがその分、デメリットもあります。私の借金は個人再生できるのか?個人再生で借金をいくら減額できる?最適な債務整理の方法は何か?⇒まずは1度、シミュレーションしましょう。借入件数と総額を入力すれば簡単に診断...

債務整理の一つである個人再生を行うというような場合には、それが完了するまでの間に三回、官報の上に事実が記載されるようになっています。一般的な人であれば官報を読むということは早々あることではありませんし、個人再生の事実が官報に記載されるのには「債務者が忘れている債権者であったとしても、個人再生手続きに参加することができる機会を設ける」ということが理由になっていますから、官報に記載されるということは受...