個人再生に失敗する原因とは?※失敗しないために必要な知識

MENU

個人再生に失敗する原因とは?

個人再生が失敗するケースは3つです。

 

①再生手続開始の申立てが棄却される
②再生計画案を不認可とされる
③債務者が再生計画を履行できない

失敗しないためには、事前にシミュレーションすることが重要です。

 

↓↓↓↓↓

  • 私の借金は個人再生できる?
  • 個人再生で借金をいくら減額できる?
  • 本当に最適な方法は何?

借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。
※無料・匿名・ネット完結で診断できます。

債務整理シュミレーター

 

法律事務所が運営するツールなので信頼性は高いです。5つの質問に答えるだけで簡単に診断できるので、まずシミュレーションしてみてほしいと思います。
これから債務整理を進めていく中で、とても参考になる情報がもらえます。

 

今すぐ相談するなら

サルート法律事務所
2社以上から借金がある方におすすめ
無料相談可能で年間実績5,000件!【24時間365日対応】



■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方
※債務整理以外の一般法律相談は有料となる可能性がありますのでご了承ください。

 

女性の借金お助け隊
女性スタッフ対応・女性限定窓口
相談無料!家族に内緒の相談もOK!【24時間365日対応】



■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方
※債務整理以外の一般法律相談は有料となる可能性がありますのでご了承ください。

 

個人再生が失敗するってどんなケース?

個人再生とは借金の返済ができなくなった人が借金の返済総額を一旦減額し、その減額した借金を原則三年間で計画的に返済することで残りの債務が免除されるという制度です。

 

個人再生において失敗として考えられるケースは、大きく分けて3つあります。

再生手続開始の申立てが棄却される
再生計画案を不認可とされる
債務者が再生計画を履行できない

 

>>私は個人再生できる?無料診断!

 

1.再生手続開始の申立てが棄却される

まず失敗例として考えられるのは、裁判所へ行った再生手続開始の申立てが棄却されるケースです。

 

個人再生の手続をする際に裁判所は申立棄却事由に該当していないかを確認します。
たとえ申立ての内容が再生手続開始の要件に該当していたとしても、申立ての棄却事由に1項目でも該当しているものがあれば裁判所は申立てを棄却します。

 

弁護士に事案の処理を依頼している場合はこのようなことは殆ど起こりませんが自分で個人再生の手続きを行う場合は注意が必要です。

 

2.再生計画案を不認可とされる

2つ目に、裁判所が再生計画案を不認可としたケースが考えられます。

 

再生計画案が認可を受けるためには債権者の半数の同意もしくは同意した債権者の再生債権額が過半数に達しなければならない場合があります。
また、債権者の多くが再生計画案に同意しても、債務の弁済に関する履行可能性テストの結果が芳しくないと裁判所が判断すれば、再生計画案が認可されません。

 

つまり「自分は3年間でしっかり完済できる能力がある」ということを示せなければなりません。

 

3.債務者が再生計画を履行できない

3つ目は、債務者が再生計画を履行できないケースです。

 

個人再生手続終結後は、債務者は再生計画案に沿って債務の弁済を行っていかなければなりません。
しかし、まれに債務の弁済ができなくなるケースが生じます。

債務の弁済ができなくなる原因は様々ですが無理な再生計画案を立ててしまい結局毎月の返済が追いつかないという場合も考えられます。

 

個人再生の申立を取り消されしまう可能性も・・・

1~2日程度の遅滞であれば債権者は大目にみてくれることもありますが、
延滞期間が長くなると、債権者は再生計画を履行していないとみなし、裁判所へいったん認可した再生計画を取り消すよう求める申立てを行うことがあります。
再生計画の取消しが決定された場合は、債務者の債務の状況は再生手続が開始された時点のものに戻ってしまうので、再生手続終結後は必ず期限を守って弁済していくようにしましょう。

 

>>私は個人再生できる?無料診断!

 

個人再生の失敗をしないために

 

 

3つのケースからも考えられるように個人再生の手続きには様々な専門的知識が必要となります。
3つ目のケースのように個人再生の手続が完了したとしても無理な返済計画を立ててしまうことは失敗にも繋がりかねませんし、今後の生活においても大きな影響を及ぼしかねません。

大前提として、自分に適切な債務整理の方法が個人再生なのか、さらには実現可能な返済計画なのかどうかを見極めるためにも
まずは専門家に相談をしてみることも失敗しない原因を作らない為の方法であるのではないでしょうか。

 

>>借金解決をシミュレーターで無料診断!

 

無料で相談できる相談窓口

借金をすばやく確実に解決するためには専門家への相談が1番効率的です。

 

債務整理は条件が複雑なため、たとえ借金額が同じだったとしても効果的な策は変わってきたりします。大切なのは「自分の状況の場合はどうなのか」をしっかり見極めることです。

 

そのためには無料相談の窓口を利用してみましょう。無料ですから損することはありませんし、債務整理に特化しているところだとより的確なアドバイスが聞けるかと思います。

 

 

 

いきなり弁護士相談はちょっと…

それならまずは借金の解決策を無料シミュレーションしましょう。

 

無料・匿名で利用でき、診断も簡単です。

 

自分にはどんな債務整理が最適なの?
↓まずは無料シミュレーション↓

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

関連ページ

個人再生したのはお金の管理が甘かったから※体験談
個人再生のメリット・デメリットについてまとめてあります。個人再生を考えるためのサイト。