個人再生は専業主婦でもできる?

MENU

個人再生は専業主婦でもできる?

個人再生は、借金を減額して、債務を3年もしくは5年の間で返済していくことになります。
個人再生では、3年もしくは5年の間にお金をしっかりと払っていくことが条件で、本人が将来継続して収入があることが条件になります。
お金を返済していき、残った借金は免除になりますし、ギャンブルで作った借金であったとしても、自己破産をする場合には免責が通らないためにすることはできませんが、個人再生は利用することができます。
しかし、お金を自分で返済していくことが条件なので、会社員、公務員、パート、アルバイト、年金受給者などは申請をできます。
収入がない専業主婦などは、自分で収入がないために、申請をすることができません。また、専業主婦で配偶者に収入があったとしても、本人の収入がないとすることはできないために申請することができません。
個人再生を申請するための条件というものは、収入があることなので、専業主婦の方がやりたいという場合には、アルバイトやパートなどを始めて、自分でちゃんとした収入を得ることができてからすることができます。
個人再生をすることができたとしても、完全に借金がなくなるというわけではなく、減額されますが、しっかりと決められた期間の間に減額された金額をしっかりと返すという約束をすることなので、専業主婦の方は個人再生をしたい場合には、自分でしっかりと収入を得ることができてから、個人再生の手続きを始めることが大切です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

関連ページ

個人再生、無職でも可能?
借金をどうにも返済できなくなって整理をしようという場合、採りうる手段はいくつかあります。専門家に相談するならば、破産は最後の手段であり、民事再生か個人再生、あるいは任意整理で解決ができないか探ります。このうち個人再生とは、すべての債権者に返済する総額を一定以下