個人再生の手続き・流れ

MENU

個人再生の手続き・流れ

個人再生は債務整理の中でも、比較的債務者にとっての負担が少ない方法となっています。
債務が完全になくなるわけではありませんが、返済期間の延長や、債務の減額などが行われるため、自己破産まで行う必要はないが債務整理の必要があるというような債務者の多くが選択するようになりました。
しかし実際に個人再生を行うには、当然ながら「個人再生を行う」という旨を伝えるために手続きを行う必要があります。
それではこの手続きについてはどのように始めるべきとなるのでしょうか。
この個人再生の手続きについてですが、前提としてこうした手続きについては高度な法律の知識が必要になることとなります。
そのため法律の知識がない個人が手続きを始めようとすると、非常に大きな手間がかかりますから、あまりお勧めはされません。
また個人再生の申し立てを弁護士以外が行ってしまうと、個人再生委員を選任することが多く、選任された再生委員に対しては報酬として30万円の支払いが求められることとなります。
ですから、基本的には「弁護士に相談する」ということをスタートにした方がよいでしょう。
弁護士事務所などで個人再生を行いたいということを相談すれば、担当になった弁護士が債務者の状況を確認したうえで、手続きを開始してくれます。
こうした債務整理では、弁護士などに依頼を出した後は、その担当弁護士の指示に従って書類や情報を集め、実際の申し立てなどについては弁護士に一任するというのが基本になるのです。

個人再生の手続き・流れ記事一覧

個人再生は借金が返せなくなった個人に対して安定した収入があることを前提として弁護士などの力を借りて債権者と話し合いをして返済期間の延長、金利の再計算を依頼する方法です。自己破産とは違って借金の棒引きをすることはありませんが、過払い金があればそれをまず処理してから返済計画が立案されます。個人再生までのスケジュールはおよそ半年から一年程度かかる場合が多いようです。スケジュールでは債権の確認、返済計画の...