個人再生の条件とは※借金減額の方法と流れ

MENU

個人再生の条件とは※借金減額の方法と流れ

借金をしているうちに、多重債務に陥り、これ以上、返済をしていく事が難しい状態になってしまうという人は珍しくありません。
そんな借金を大幅に減額する事が出来る債務整理法が、個人再生です。
個人再生を行えば、借金を最大で1/10まで減額していく事が出来ます。
ただ、個人再生を行う為には、いくつかの条件があります。
500万円未満の借金の場合、100万円に減額される事になります。
ですから、100万円未満の借金の場合、手続きをしても減額の対象にはなりません。
その為、100万円以上の借金がある事が条件となりますが、100万円を少し超えた程度の金額であれば、手続きの為の費用の方が高くなる可能性があります。
更に、条件として重要になってくるのが、減額後の借金を3年から5年で問題なく返済していく事が出来るだけの、安定した収入がある事です。
手続きの際には、実際に返済能力があるかどうかを、確認していく事になる為、手続きを始めてから、減額が認められるまで、半年から1年以上の期間が必要となります。
ただ、手続きを始めると、督促は止められるので、返済に追われる状態からは一時的に解放される事になります。
個人再生が認められた後、様々な事情で返済が難しくなくなった場合、減額自体が取り消される可能性があります。
様々な事情で減額後の借金の返済が難しくなった場合は、早めに弁護士等に相談をして、出来る対策をしていく事が大切になってきます。

 

 

 

個人再生の条件とは※借金減額の方法と流れ記事一覧

個人再生は、借金を減額して、債務を3年もしくは5年の間で返済していくことになります。個人再生では、3年もしくは5年の間にお金をしっかりと払っていくことが条件で、本人が将来継続して収入があることが条件になります。お金を返済していき、残った借金は免除になりますし、ギャンブルで作った借金であったとしても、自己破産をする場合には免責が通らないためにすることはできませんが、個人再生は利用することができます。...

借金をどうにも返済できなくなって整理をしようという場合、採りうる手段はいくつかあります。専門家に相談するならば、破産は最後の手段であり、民事再生か個人再生、あるいは任意整理で解決ができないか探ります。このうち個人再生とは、すべての債権者に返済する総額を一定以下に減額してもらい、これを原則として3年以内に分割して返済し終える再生計画を立てて、債権者の意見を聞いた上で裁判所がこれを認めれば、その計画通...