個人再生は返済計画とスケジュールが重要?!

MENU

個人再生は返済計画とスケジュールが重要?!

個人再生は借金が返せなくなった個人に対して安定した収入があることを前提として弁護士などの力を借りて債権者と話し合いをして返済期間の延長、金利の再計算を依頼する方法です。自己破産とは違って借金の棒引きをすることはありませんが、過払い金があればそれをまず処理してから返済計画が立案されます。個人再生までのスケジュールはおよそ半年から一年程度かかる場合が多いようです。スケジュールでは債権の確認、返済計画の立案、返済開始となります。債権の確認においてはすべての債権が確認され、債権者との話し合いをする債権を決めていきます。この際、収入によっては一部債権のみ返済計画の立案となり、他の債権はそのまま返済を続けることも多いのですが、個人の収入と現状の返済額によってかなり変わるようです。個人再生のスケジュールで重要なのが債権者との話し合いです。債権者との話し合いは弁護士が担当することが多く、個人が出て行くことはまずありません。弁護士がすべてを代表して行うので一般的には手際よく淡々と話し合いが進むと言われています。債権の総額は減ることはありませんが、金利の再計算によって最終的な支払額については減ることも多く、また、確実な返済のために返済期間は長く設定されることが多いようです。個人再生が始まると返済はこれまでとは違い弁護士に対して行うことになり、弁護士サイドから毎月返済が行われるのでこれまでとは違い管理された返済となります

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法