個人再生メリット・デメリット徹底調査ナビ※手続き前に必読

MENU

個人再生のメリット・デメリットを考える

個人再生のメリット・デメリットまとめ

 

メリット

  • 借金を大幅に減額できる
  • マイホームを残すことができる
  • 職業の制限がない
  • 借金の理由を問われない

デメリット

  • 返済を続けなければならない
  • (支払い能力が問われる)

  • ブラックリストに載る
  • 官報に載る

 

個人再生にはメリットもデメリットもあります。
借金の状況や資産状況によって向き不向きがある債務整理です。

  • 私は個人再生できる?
  • 個人再生で借金をいくら減額できる?
  • 個人再生より良い方法はある?

↓全て無料シミュレーションで簡単にチェックできます↓
まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。

債務整理シュミレーター

 

借金解決のための債務整理の方法は個人再生以外にもあります。
過払い金を請求して借金を減らす方法、任意整理、自己破産など様々です。
このシミュレーターでは、過払い金の有無・借金がどのくらい減額できるかなども匿名・無料で診断できます。債務整理を進めていく上で参考になるので、1度診断してみてください。

 

今すぐにでも相談したいなら!

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方
※債務整理以外の一般法律相談は有料となる可能性がありますのでご了承ください。

「借金お助け相談窓口」
365日24hいつでも無料相談できる!【即日対応可】


 

「女性の借金お助け隊」
女性スタッフ対応の女性限定窓口!
家族に内緒もOK【365日24h対応】


 

個人再生のメリット

個人再生なら借金の元金を大幅に減額

個人再生の大きなメリットとしては、借金の元金を大幅に減額できることです。

借金額

支払う額

100万~500万円

100万円

500万~1,500万円

借金の5分の1

1,500万~3,000万円以下

300万円

※上記はあくまでも参考程度です

 

これだけ借金総額を減額してもらえたら返済できそうですよね。

 

>>減額はいくら?無料シミュレーション!

 

住宅を手放すことなく返済計画

住宅を手放すことなく返済計画が立てられることです。
自己破産の場合は、自由財産と呼ばれる財産以外は全て処分をしなければならないため、家を残したまま借金整理ができるのは、本人はもちろん家族も安心できます。
住宅はどうしても残したい!という方は、破産ではなく個人再生を検討することになりますね。

 

職業の制限がない

個人再生には資格の制限がないため、資格を有する職種の方は個人再生がいいかもしれません。
自己破産の場合だと、一時的に就けなくなる職業があります。

▼以下は自己破産すると一時的に就けなくなる職業です。
※ここに記載しているものはその一部であり、いろいろな職業・資格などに一時的に就けなくなります。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 信託会社
  • 旅行業者
  • 警備員
個人再生に向いている人は?
  • 借金を大幅に減額したい人

  • 住宅を手放したくない人

  • 資格を有する職種に就いている人

 

>>個人再生できる?借金解決診断!

 

個人再生のデメリット

官報・ブラックリストに掲載される

個人再生のデメリットとしては、官報・ブラックリストに掲載されることです。
掲載されることにより約7年間は借入ができなくなってしまいます。これは自己破産についても同様であり、債務整理をすることで借り入れしにくくなってしまうことは避けられません。

 

官報って?影響は?

 

官報とは国の機関紙のことです。個人再生をすることで、官報に氏名・住所などごくプライベートな情報が記載されます。しかし、これについてはそこまで不安に感じる必要はないでしょう。官報は、裁判所などのごく限られた場所でしかみることがありませんので、一般の方が目にする機会はほぼ0に近いです。

 

返済能力が必要

個人再生は、手続き後原則3年間返済を継続していかなければならいため、借金の返済を継続できる収入がなければできません。すなわち返済能力が必要とされるということも特徴にあります。
全くの無収入では手続きを取ることができないため、安定した収入が求められます。

 

住宅ローンの減額はできない

メリットとして住宅を手放さなくて良いことは確かですが、逆に住宅ローンの減額はできません。住宅ローンの負担を減らしたいと考えている人は難しいかもしれません。

 

個人再生に向いていない人は?
  • 今後も借入がしたい人

  • 住宅ローンを減らしたいと考えている人

  • 継続して返済が続けられそうにない人

 

>>借金解決無料診断シミュレーター

 

個人再生するとどうなる?【その後の生活】

 

個人再生をすることで、その後の生活に何か影響あるのでしょうか?

 

影響の1つとして挙げられるのは、デメリットとしても出てきた「ブラックリスト」です。だいたい5~7年間はクレジットカードやローンの利用が制限されてしまいます。

 

ではそのほかにはどのような影響があるのでしょうか?

 

個人再生って周囲にバレる?!【親・仕事・学校】

個人再生は周囲に内緒でできる?

できます。

 

個人再生は、夫・妻・親など家族に内緒で手続きすることができます。
加えて、個人再生をしたことが、職場に報告されたりすることはありませんし、子どもの進学などに影響することもありません。

 

あくまでも個人再生をした本人にのみ、借入等への制限がかかります。

 

個人再生では親や配偶者、子どもに影響することはありません。
クレジットカードやローンについても制限されるのは個人再生手続き者本人だけで、家族は利用することができます。

 

ただし、手続きの際に同居人の収入や家計表などの資料が必要になるため、内緒にしたい場合は注意しましょう。また、手続きは弁護士さんに依頼することになるかと思いますが、弁護士とのやり取りでバレてしまうこともあります。

 

家族などに内密にしたい場合は、最初に弁護士にもその旨を伝えておきましょう。

>>最適な解決策は?無料シミュレーション!

個人再生すると携帯使えなくなる?

そのほかに気になることとして携帯電話のことをよく聞きます。

 

個人再生をすると自分が使っている携帯電話に影響はあるのでしょうか?

 

先に結論からまとめてしまうと、

  • 携帯を分割購入することはできない
  • 携帯代金の未納・滞納がなければそのまま使える
  • 未納分がある場合は個人再生の手続前に払っておく

>>個人再生でいくら減る?無料チェック!

 

つまり、個人再生をした後でも手続前に未納分がなければ、携帯電話はそのまま使用できます。

 

支払いは現金一括

個人再生後に新しい携帯を購入する場合、代金を分割で支払うことはできません。

 

分割での支払いはローンと同じなので、5~7年程度は利用できないのです。そのため、携帯を新しく買う場合、その代金は現金で支払うことになります。

 

個人再生後も基本的にはそのまま利用できる

個人再生をしたあとでも携帯電話の使用には影響ありません

 

ただ支払形態はクレジットカード経由での口座引き落としは利用できません。先ほとも書いたように信用情報が登録されるとクレジットカードの利用はできなくなってしまうからです。

 

未納分がある場合は支払う

個人再生後に携帯が使えなくなった!という人は、債務整理をしたからではなくきっと滞納があったからかと思います。

 

携帯代金を支払えずに滞納し続けると、利用停止となることがあります。
その滞納分をしっかり支払えば携帯はそのまま利用できますし、新規契約もできます。

 

>>無料!借金解決診断シミュレーター!

 

個人再生法ってどんな方法なの?-簡単ガイド-

そもそも個人再生とはどのような制度なのでしょうか?
ここでは簡単にご紹介します。

個人再生とは?

正しくは個人民事再生といい、再生計画案を提出し、裁判所によってそれが認可されれば、借金総額に合わせて減額されるという手続きです。
また減額後の借金は、3年間に分割して返済することで残りの債務を免責つまり返済しなくてもいいという制度なのです!

 

個人再生には、主に個人商店主や小規模の事業を営んでいる人向けの方法である”小規模個人再生”とサラリーマンなど向けの”給与所得者等再生手続”の2つがあります。

 

>>私に最適なのはどれ?【無料診断】

 

個人再生に失敗する?~条件について~

個人再生したいとけど、誰でもできるものなの?
失敗してしまうことはあるの?
と疑問に思う方もいるでしょう。
個人再生に失敗しないためには、個人再生に失敗する原因を知ることが重要です。
個人再生が失敗するのはどういうケースなのか、確認した上で個人再生をするのか検討しましょう。

 

>>私は個人再生できる?スピード診断!

 

個人再生の条件

 

個人再生の条件を簡単にまとめると…

<小規模個人再生>
①住宅ローンを除いた借金総額が5,000万円以下
②申立人が個人
③将来(3~5年)の間継続的に収入が得られ、減額された借金を支払う能力があること

 

<給与所得者等再生手続>
①小規模個人再生の条件を満たしていること
②収入が給料など安定していること
③破産後、7年以上経過していること

 

個人再生は、減額された借金を再生計画に基づいて3~5年で返済します。そのため、安定して返済を続けられる能力がない場合、手続きは認められません。
また、借金総額が5,000万円以上の方や持ち家がない方もしくは持っていても残したいと思っていない方には向いていない手続きかと思います。

 

>>【5分】最適な債務整理を無料チェック!

 

個人再生でいくら減額される?

では、個人再生することで、借金はいくら減るのでしょうか?

 

債権者に対して返済する最低限の金額は以下のようになっています。

 

<小規模個人再生>

100万円未満

総額全部

100万円~500万円以下

100万円

500万円~1,500万円以下

総額の5分の1

1,500万円~3,000万円以下

300万円

3000万円~5,000万円以下

総額の10分の1

5,000万円超え

個人再生利用不可

 

 

<給与所得者等再生手続>
①小規模個人再生で算出できる金額
②自分の可処分所得額の2年分の金額

 

給与所得者等再生手続の場合は、上記①と②のうち、金額が多いほうが返済額となります。

 

 

ちなみに小規模個人再生でも給与所得者等再生手続でも、住宅ローン特則を利用して住宅を残している場合、住宅ローンの支払いはそのまま続けなければなりません。
住宅ローンについては減額されることもないので、注意しましょう。

 

 

減額される金額はこのように決まってはいますが、実際は自分の財産の状況等によって変わってくることもあります。

 

1度、シミュレーションなどで確認しておくといいと思います。

 

>>個人再生でいくら減る?無料診断!

 

個人再生費用はどのくらい?

個人再生にかかる費用は、以下の点などによって異なります。

  • どの裁判所に申し立てを行うのか
  • 弁護士に依頼するのか もしくは 司法書士に依頼するのか
個人再生の費用の目安
個人で手続きを行う場合
  • 裁判所に申し立てる費用として2万数千円くらい
  • 個人再生委員への報酬として25万円くらい

が必要になります。

弁護士に依頼する場合

個人で手続きを行う場合の実費のほかに弁護士報酬が必要になるため、
30万円~50万円前後の費用が必要になります。

 

個人再生の返済方法は?

返済期間は3年間が基本となりますが、どうしても3年間では厳しいという場合などには、最大5年までのばすことが出来る場合もあるようです。
基本の3年間で考えると、12ヶ月(1年)×3なので、36ヶ月の期間で返済すればよいということになります。減額後の借金を36ヶ月にわけて返済していくことになります。

 

個人再生したい!手続きの流れは?

実際に個人再生をしたいと思っても流れが分からないと不安ですよね。
ここでは簡単に流れを解説していきます。

 

個人再生を行うための申立書類の準備

申立書・陳述書・財産目録・債権者一覧表・家計表など
裁判所に報告することが多いため、申立書類の作成が必要になります。
そのほかにも個々の事案によって必要な資料などもあります。
これを個人で進めていくとなると、かなり大変な作業になるため、弁護士に依頼することを検討する人も多いでしょう。

 

裁判所へ申立書類の提出

申し立てに必要な書類が揃ったところで、まず個人再生をするという申し立てをします

 

再生計画案の作成

返済総額を減らし3年間で返済できるように計画を立てます。
債務者は詳細な再生計画を立て、裁判所が定める期間までに書類を作成して提出することになります。
個人再生が認められれば、その計画にそって返済していくことになるため、しっかりと責任をもって計画を立てましょう。

 

個人再生法の認可決定後、計画通り返済

債務者一同が、出された計画書について決議し可決されれば、裁判所が個人再生法を認可して、再生計画にそって3年かけての返済がスタートします。
3年間で計画通り減額後の借金を完済し、残りの債務が免除とされると個人再生完了となります。

 

>>借金解決診断シミュレーター

 

実際に相談してみた!借金お助け相談窓口の体験談♪

わたしは、最初、個人再生というものを知りませんでした。
自分と同じように借金で苦しんでいる人の体験談を読んだのがきっかけで、個人再生という方法があることを知りました。

 

そこで、ネットで見つけた借金お助け相談窓口に電話で相談してみました。
あまり期待はせず、電話をかけたのですが、親身になってこの先のプランについてアドバイスをしてくれました

 

アドバイスどおりに、個人再生の手続きを進めることができ、今では以前のような深刻な借金の悩みはなくなりました。

 

(女性)

以前は収入が安定していて、借金返済は順調だったのですが、仕事の関係で、安定した収入が入ってこなくなり、次第に借金の返済が難しくなってしまいました。

 

とにかく返済を遅らせることはできない!と思い、他の消費者金融でお金を借り、借金返済に明け暮れていました。

 

そんな時に太めにしたのが、同じような借金を抱えていた人の体験談でした。
私のような状況であっても、個人再生をすれば生活ももう少し楽になれるかもしれないという希望が湧いてきました。

 

ですから、個人再生について借金お助け相談窓口というところに相談したところ、的確に手続きを進めて下さいました
その後、弁護士と話した時の印象もとても良かったと思います。

 

(男性)

車が壊れて新たに車をローンで購入したのですが、会社の業績が悪くなってしまったことで、毎月の返済がきつくなりました。
そこで私は、これからどうなってしまうかわからず、今後のことが不安になり借金お助け相談窓口に無料で相談してみました。
そのため、借金はあっという間に減り、残りを一括返済できたので、借金が0になりました。
まさか借金がなくなるとは思わなかったので、相談してみて良かったです。

 

(男性)

 

1人で悩むのではなく、弁護士と相談をすることで、この先の不安が解消されるとともに、返済プランを一緒に考えてくれるから安心!
深刻な状況になる前に!まずは無料相談をして借金の悩みを減らしましょう!

 

>>無料の借金診断はこちら

 

自分にとってデメリットの少ない債務整理を選ぶために!

個人再生をするにはもちろん知識も必要となりますし、住宅ローンも絡んでくる場合もあり、裁判所に提出する再生計画の作成等も難しくなってきます。

 

間違いも許されない債務整理手続きにおいて、これらの手続きを素人が行うのはおすすめはしません。

 

プロである専門家に相談することによって、自分に有利な形に手続きを進めていくことが可能となります。また、1人で考えこむ必要がなくなり、安心して債務整理の手続きをすることができます。

 

不安な中、相談なしに手続きを進め、自分に有利な形に進まなかった…と後悔する前に!まずは専門家に相談をしてみましょう!

 

 

相談料が無料の法律事務所もありますので、実績や無料相談の有無等も比較して、まずは相談してみることが借金解決への第一歩となるでしょう。

 

①個人再生の相談を無料で受け付けていて②電話・メールでも相談できて③みんなから選ばれている事務所はこちらです。

 

『借金お助け相談窓口』
※24時間365日対応で年間実績5,000件!


 

いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・

借金の解決方法が無料で診断できます!

この診断で以下のようなことがわかります。

  • 最適な債務整理の方法は?
  • 借金をいくら減額できる?
  • 債務整理の費用はいくら?
  • 私の借金は個人再生できる?

借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。
※無料・匿名・ネット完結で診断できます。

債務整理シュミレーター

個人再生とは?

個人再生と言うのは債務整理の方法の1つになります。 債務整理には、個人再生の他にも、任意整理や自己破産、特定調停と言った方法が有りますが、それぞれメリットやデメリットを持っているのが特徴です。個人再生と言う債務整理の特徴は、住宅を所有している場合など住宅を競売にかける事無く債務を整理していく事や、自己破産と同じように裁判所に対して申し立てを行い、手続きを行うと言う特徴を持ちます。 個人再生における最大のメリットは、住宅を処分する必要が無いと言う点にあります。裁判所に申し立てる時には再生計画書と呼ばれる書類を提出する事になります。この計画書が許可されることで債務が約5分の1に減額されると言う特徴を持っており、減額後の債務を3年から5年の中で返済をしていくことになります。そのため、返済能力が必要とされると言う特徴も有るのです。 このように、メリットとしては住宅を処分しなくても良い点、債務が原則5分の1に減額されることなどが挙げられます。また、手続きが開始されると債権者は強制執行が出来なくなると言うメリットも有ります。

個人再生のデメリット

一方、デメリットと言うのは、自己破産とは異なり債務と言うものが残りますので返済能力が無ければ出来ないと言う点や、手続きが完了する事で官報に掲載されることや、官報に掲載されることで信用情報機関は個人再生手続きを行った事を知ることになるため、手続き完了後5年から10年の間は新たな借入やクレジットカードを作ることが出来ないなどのデメリットが有ります。 個人再生は自己破産と任意整理の間のような制度です。具体的に言うと借金を減らす制度です。1/5に借金が減り、減らされた借金を基本的には3年かけて払っていきます。特別な事情がある場合、5年かけて払うことができます。1/5の減額幅は任意整理の際の減額幅よりも大きいです。上記のような個人再生のメリットは多いです。先ずその申し立てをすれば給料を差し押さえられるようなことはありません。 また、住宅ローンで購入した自宅、また自動車や保険などの財産を手放さなくても良くなります。それから、利息をカットできることもメリットです。さらに自己破産と異なり、資格制限がありませんから、自己破産ができない人でも、個人再生の手続きをすることができます。もし賭け事や浪費などが原因だとしても手続きをすることができるのです。これも大きなメリットです。 一方、デメリットもいくつかあります。 先ず手続きが複雑ですし、自己破産と異なり、借金の返済を継続できる収入がない場合は利用することができません。そして、ブラックリストに載り、5年~7年ほど新たに借金できなくなることもデメリットでしょう。 また、住所氏名が官報に載ってしまうこともデメリットです。官報は国が発行する機関紙のことです。ただ、家族に影響することはありません。保証人ではなければ、家族に迷惑をかけるようなこともないです。もちろん家族がローンを組む際も影響するようなこともないです。 自分では返済するのが難しい借金を、背負ってしまった場合、その問題を解決してくれるのが債務整理です。債務整理といえば、自己破産を思い浮かべる方も、多いでしょう。自己破産も、もちろん借金問題を大きく解決してくれる債務整理ですが、家などの財産は手放す必要があるなど、社会的なペナルティーも大きくなっています。 自己破産はしたくないけれど、借金の返済に困っているという場合、個人再生を検討してみる事をお勧めします。個人再生は借金を、大幅に減額できる債務整理の1つです。どのくらい、借金が減額されるかは、借金の額により変わってきます。 例えば、 借金が500万円から1500万円以下場合、借金は5分の1にまで減らされます。このように、借金の額を大きく減らせるのが、個人再生の特徴です。また個人再生は自己破産にはない、メリットもあります。まず、家などの財産を手放す必要はありません。 個人再生は住宅ローンを維持しつつ、他の借金を整理できる為、マイホームを残す事ができます。持ち家を持っている方には、メリットと言えるでしょう。 しかし、メリットもあればデメリットもあります。デメリットとして挙げられるのが、減額された借金を返済する期間です。個人再生の場合、残った借金は原則として3年間、また特別な場合でも5年間で完済しなければいけません。3年間から長くで5年間以内に、完済できなかった場合、自己破産を受けるケースも出てきてしまいます。このように、完済する期間が決められているという事は、デメリットと言えます。